×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

借り入れ ゆるい カードローン 消費者金融

吉とでるか凶とでるか3%増税

20年に渡る日本経済の低迷、デフレ不況の中であっても超円高状態がつづいていました。
そんな中で衆議院選挙となり安倍総理が誕生、アベノミクスを政策として打ち出しすと、経済は幾らか持ち直しが見られ、超円高も収まり、株価も上昇し経済指標も好転しはじめてきたようにも見えます。

総理も、経済の指標の好転などもあり、+3%の消費税増税を決定したようですが、あちらこちらのアンケートでは2/3は反対が多いように見えます。
また、海外の新聞でも経済の腰折れを心配する記事や、アベノミクス終焉などという記事もありました。

さらに、その先2%の消費税値上げをしなければならず、10%の消費税にすることになっていますし、3%の増税の影響次第でしょうが、そう簡単にゆくとは思えません。

当面の3%の値上げとなると、家や車などの高額商品ではその差額は大きなものとなり、来年4月にむけて駆け込み需要もありそうで、住宅の着工は多くなっています。

そこで、増税後の住宅購入者への補助や、年間収入が200万円前後の場合では、1万円の補助を出すなどという話もあり、まだまだ給料の値上げが実感できない人達むけにも配慮をしているようでもあります。

日本の借金1000兆円突破、社会保障の安定の為、将来の子供達へ借金を押し付けてゆくわけにもゆかないのは分かりますが、無駄な出費の見直しやらが少ないように思えます。
経済学者の中には、経済が本調子になっていないのに税金の値上げは時期尚早という意見や、年1%ずつゆっくり値上げしていったらどうかなどの意見もありました。

世界経済も決して安泰といえる状態でもなく、中国のバブル経済破綻の噂や、欧州も決して安定しておらず、アメリカもなにやら揉めているという状態。

いずれにしても4月からの消費税3%値上げは決定し、後半年余りとなってきました。
駆け込み需要は考えられるでしょうが、その後は反動の低迷もあるでしょうし、日本経済がこの先どのようになるかもわかりません。

個人的にも、高めの買い物はそれ以前にすませておこうと思っています。
吉と出るか凶とでるか、こればかりは神のみぞ知るということでしょう。

借り入れゆるい【借り入れが緩くて甘いところ】他で断られてもここなら大丈夫☆メニュー

借り入れゆるい【借り入れが緩くて甘いところ】他で断られてもここなら大丈夫☆リンク